兵庫県姫路市の医療法人太陽会 ひまわり整形外科|AKA-博田法・加圧トレーニングなど

ひまわり整形外科

HOME 院長挨拶 医院概要 医院風景紹介 スタッフ紹介 お問い合わせ
AKA-博田法
HOME
院長あいさつ
医院・スタッフ紹介
AKA-博田法
診療案内
お問い合わせ
HOME»  AKA-博田法2

4)AKAの対象疾患は何ですか。

主に腰痛・肩こり・膝や肩など関節の痛みを治療しています。
基本的には関節機能異常が原因で起こっている痛みやしびれなどはすべて対象疾患です。

レントゲンやMRIでヘルニアがある、関節に変形があるといわれた方でも、AKAを行うと症状が良くなることを経験します。

次にAKAの禁忌疾患ですが、
①内臓の痛み(心筋梗塞など) 
②神経系の異常が原因の痛み(帯状疱疹や本当の坐骨神経痛など) 
③化膿性関節炎 
④新鮮外傷(骨折、打撲や捻挫の初期) 
⑤悪性腫瘍(癌など)などです。

 

5)治療頻度は?

治療頻度は2~4週間に1回です。
治療間隔が短すぎると、時々痛みなどの症状が悪化することがあります。
なおAKAを受けた後、次の治療までの期間は関節の動きを補助する治療を行います。

 

6)関節の問題についてもう少し詳しく説明します。

体の痛みの多くは関節の問題、関節包内運動の障害から起こることがわかりました。
では今までの痛みの原因と考えられていた腰痛や五十肩、膝の痛みはどのように説明すればいいのでしょうか。

3)で関節はすべてつながって一つのはたらきをすると述べました。これらを説明していきます。

関節には以下のような決まりごとがあります。
関節機能障害の一番の原因になりやすい関節は骨盤にある仙腸関節です。この仙腸関節による腰痛が最も多いのです。
この仙腸関節が機能障害を起こすと、それは背骨の関節である椎間関節や肋骨と背骨の関節である肋椎関節に障害を起こします。
それらがさらに広がると手足の小さな関節に障害を起こします。

そしてこれらの関節の働きの異常はその関節だけでなく、遠くの関節にも影響します。
そのため仙腸関節を治療するだけで肩や膝の痛みが軽快することがあるのです。

つまり五十肩や膝の痛みの原因も仙腸関節を中心とした関節機能異常が原因なのです。
そのためAKAではまず仙腸関節の異常を直し、次に影響を受けている関節の治療をしていきます。
これが仙腸関節を中心とした関節のつながりの仕組みです。

 

7)AKAは診断にも、とっても重要なのです。

ここまで関節機能異常による痛みについて説明してきました。
痛みには関節機能異常による機能的な痛みと器質的な痛みがあります。
器質的な痛みは椎間板ヘルニアや骨の変形で神経を刺激して生じている痛みや内臓からくる痛みがあります。

AKAで治療できるのは関節機能異常による痛みで、痛みの原因の約85%を占めています。一般に痛みの原因と考えられていた器質的な痛みは実際には少数なのです。

それではこれらを鑑別するためにはどうすればいいのでしょうか。機能的な問題はレントゲン検査やMRI検査をしても分かりません。
ここでもAKAが大きな役割を果たします。AKAを行い症状が軽快してくるようであれば、関節機能異常が原因と診断できます。

逆にAKAでよくならない場合、変形やヘルニアが痛みの本当の原因であり手術やブロックなどの適応と診断できます。
(今のところ関節の機能異常を診断する画像検査はありません。AKAが医療者に十分に受け入れられない原因の一つとなっています。)

このようにAKAは診断・治療をすすめる上でまず初めに行うべき治療であることが分かります。
詳しい検査を受ける前にAKAによる診断・治療をすすめる大きな根拠となります。

なお当院では初めての診察時など必要時にレントゲン撮影を行いますが、これは骨折や悪性腫瘍などを除外するために行っています。

 

体のお悩みご相談ください