兵庫県姫路市の医療法人太陽会 ひまわり整形外科|AKA-博田法・加圧トレーニングなど

ひまわり整形外科

HOME 院長挨拶 医院概要 医院風景紹介 スタッフ紹介 お問い合わせ
AKA-博田法
HOME
院長あいさつ
医院・スタッフ紹介
AKA-博田法
診療案内
お問い合わせ
HOME»  AKA-博田法1

1)痛みの原因は?

痛みの原因完璧に説明できる人はこの世にまだいないと思います。レントゲンやMRI検査などで写し出される変化が必ずしも痛みの原因につながっていないことは明らかになっています。
たとえば腰痛があり病院を受診したとします。レントゲンを撮って診察を受けて、明らかな異常所見は無いようですが念のため、MRIを撮ってみましょうといわれました。そしてMRIで腰椎椎間板ヘルニアと言われたとします。
このとき腰痛が治っていても、MRIでヘルニアと言われたらどうでしょうか。又はヘルニアと言われたが、腰痛の原因とは断定しにくく様子を見ましょうと言われることもあると思います。このような場合、何が痛みの原因なのでしょうか。MRIでヘルニアを認めても症状の無い人が多くいることはもはや常識となっています。
またレントゲンを撮って、骨に変形がある、年だから仕方ない、直らないと言われたとします。このとき同じような変形があっても痛くない人がいることもまた事実です。

それでは、痛みの本当の原因はいったい何でしょうか?

これに一つの答えを出してきたのが関節運動学的アプローチー博田法(AKA:エーケーエー)なのです。全てではありませんが、痛みの原因を明らかにし、その原因治療を可能にしました。
それだけでなく、治療結果をその場で確認できるようになりました。

 

2)痛みを直すにはどうしたらよいのでしょうか?

痛みを直す治療として、痛み止めの薬・シップ・注射・ブロック、電気治療などがあります。痛み止めの薬には副作用として胃潰瘍などの胃腸障害があります。シップにもかぶれが起こることがあります。
注射・ブロックは良く効きそうですが、感染などの問題があるだけでなく、針を刺すときに痛みがあります。
注射やブロックは本当にいい治療法で、多くの患者様に利益をもたらしてきました。

しかし痛みを直すために注射などさらに強い痛みを経験しないといけない、これは患者様にとって大きな苦痛になります。できれば愛護的に、痛くない治療がいいと誰でも思います。
AKAは痛みを感じずに治療できるため、これらの問題を解決してくれると思います。

 

3)関節運動学的アプローチー博田法(AKA―博田法)とは?

AKAはArthrokinematic Approachの略語で、関節の機能障害が原因で起こる痛みを取り除き、関節の運動障害を改善する治療法です。

関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して関節面の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法、および関節面の運動を誘導する方法であると定義されています。

非常に難しい定義で、これだけではまったく分からないと思います。
関節運動学とは関節面の動きを研究する学問で、関節包内運動を以下のように分類しています。

関節包内運動=関節面の運動
   副運動 自分で意識して動かすことの出来ない運動
   副運動Ⅰ型
   副運動Ⅱ型(関節の遊びとも言われます)
   構成運動 骨の運動によって起きる関節面の運動

AKAではこのうち副運動Ⅱ型と構成運動を利用します。
それではAKAについて具体的に説明していきましょう。AKAは今から約25年前に博田節夫医師が動きにくい関節を無痛で治療するために開発に着手され、その過程で痛みにとても有効であることを発見されました。
そしてその治療手技はどんどん進歩し、現在も進化し続けている治療法で、手で行う徒手医療に分類されています。
博田先生らの研究により関節の痛みの約85%はこの関節機能障害により起こることが分かりました。

関節機能障害をわかりやすく説明すると、仙腸関節(図1)や椎間関節(図2)などの小さな関節の運動(関節包内運動)の障害・制限を関節機能障害といいます。
この関節機能異常が痛みやしびれの原因になっています。
一般に膝や肩など大きな関節だけに目が行きがちですが、痛みの原因の多くは仙腸関節などの小さな関節です。
そして関節はすべてつながって一つの働きをしています。
これらの関節の一つでも故障すると痛みなどの様々な症状を起こすのです。そしてこれらを治療する唯一の方法がAKAなのです。

私の師匠で山口で開業されている池畑孝次郎先生はAKAと出会ったことにより、痛みの原因の説明とその治療が一つの線で結ばれた、痛みの原因治療が初めて可能になったといっておられますが本当にその通りだと思います。

 

仙腸関節

 

仙腸関節

 

図 仙腸関節

 

治療について

当院では指導医である院長以外に院長の指導を受けた理学療法士・作業療法士たちと力を合わせて治療しています。

 

体のお悩みご相談ください